Information

トータルヘルスデザインセミナー「近畿の五芒星と京都の結界の秘密」 2019年9月14日
  6月22日の夏至の日に京都で開催されたセミナーにご好評いただき、東京でも同内容のセミナーを開催します。
 奈良の仏教勢力の伸長を避け、独自の親政を打ち立てようとした桓武天皇は、長岡京という都を創建しましたが、打ち続く不幸や天変地異に恐れ をなし、これを怨霊の祟りとして10年で長岡京を捨て、新たに平安京を創建します。
 そこは怨霊封じの結界を張り巡らせた「屈指の風水都市」であり、安倍晴明に代表される陰陽師たちの活躍する場所でした。
 桓武天皇がおそれた怨霊とは? 平安京=京都の結界とはどんなものなのか? 近畿に横たわる巨大な五芒星の結界との関連も紐解きながら解説していきます。
**お申込み、詳細、お問い合わせ**
トータルヘルスデザインセミナー
http://seminar.thd-web.jp/e24589.html


内田一成トークセッションNo.1 2019年9月24日
  聖 地と聖地を結ぶ不思議なネットワーク"レイライン"を長年追い続けてきたレイラインハンター内田一成が、神社仏閣や遺跡などの「聖地」に秘め られた意味を解き明かす手法をご紹介します。
 近年、レイラインという言葉がスピリチュアルな意味合いで使われているケースが目立ちますが、レイラインとは聖地に関わるアライメント(構 造や配置)のことであり、科学的に測量や分析が可能なものです。
 その第一人者である内田一成が、デジタルマップや様々なデータを駆使して聖地を分析する方法としてのレイラインハンティングという手法とと もに、豊富な事例(日本神話所縁の場所を結ぶと現れる巨大な近畿の五芒星、江戸や京都の緻密な結界、おびただしい数の聖地を結びながら日本を 横断する「ご来光の道」等々)をご紹介します。
 誰でも客観的に観測できるレイラインハンティングの手法を用いることで、聖地に秘められた歴史や神話に込められた意味が、はっきりと浮かび 上がってきます。
 フィールドワークの中で経験したこぼれ話などもご紹介します。また、デジタルマップを用いて、参加された方々との検証セッションも行う予定 です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・日時:2019年9月24日(火)
       19:00開始~21:00終了 (18:30会場Open)
・場所:ブックハウスカフェ 2階ギャラリー≪ひふみ座≫
   101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル2階
・参加費:4,000円
・定員:60名(満席になり次第締め切らせて頂きます。)
・詳細,お申込み:https://www.facebook.com/events/653104691857213/
・FACEBOOKをお使いでない方は、参加申込みメールをお送り ください → ley@ley-line.net


●朝日カルチャーセンター湘南教室 シリーズ聖地を巡る・考える
「鹿島神宮と富士山を結ぶレイライン」 9月28日
 15:00~の➀では、鹿島神宮から富士山のつながりを解説します。
 東洋思想の中でも、とくに風水や陰陽道では「結界」という考え方を重視し、都市計画などでこれを応用しました。一方、西洋では太陽信仰を ベースにした「レイライン」という聖地を結ぶ一種の結界があることが知られています。結界という理論はとても難解なものですが、レイラインと いう観点から見ると、とても明快に理解できます。
 この講座では、日本における代表的な結界取り上げ、レイライン的な観点から結界の意味と法則を解き明かしてみたいと思います。
・詳細・お申し込み
https://www.asahiculture.jp/course/shonan/c2e6c5bf-b6cc-771f-dd8a-5cc94081239f


●朝日カルチャーセンター湘南教室 シリーズ聖地を巡る・考える
「江戸の結界と東照宮ライン」 9月28日
 16:50~の②では、江戸から日光東照宮へのつながりを解説します。
 江戸は、結界という考え方が随所に取り入れられて都市計画が行われました。その基本は、江戸(東京)を北東から南西に貫くレイラインであ り、これに江戸幕府を開いた徳川家康を東照大権現として守り神に据えることで、江戸という都市と徳川家の繁栄が祈願されました。
 この講座では、今でも残る江戸の結界と家康を神として祀った東照宮の構造を対照しながら、結界という考え方の深層を明らかにしていきたいと 思います。
●詳細・お申し込み
https://www.asahiculture.jp/course/shonan/a87817a7-cb6b-abbd-5a9e-5cc9456207c9


●聖地学講座第161回「御霊信仰 --怨霊を守護神にする日本独特の信仰--」
 能「大江山」の主人公が、源頼光一行ではなく酒吞童子であるように、義経を判官贔屓するように、 そして将門を江戸の守護神にするように、日本人の心の基層には、古来、敗者の気持ちに寄り添い、その無念を悼み、祀り上げる「御霊信仰」があります。 それは、例えば欧米のサタニズムなどとはまったく違う、優しさや思いやりの美学です。 そんな御霊信仰のルーツは、いったいどこにあるのかを考察しました。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2019/01/holy1619.html


●聖地学講座第160回「『風水』概説」
 聖地とすべき場所を見立てる際には、大地を流れる目に見えない何かの力を可視化する技術を使うことが多々あります。 その代表的な技術が風水です。風水は聖地の見立てだけでなく、都市計画の基本構想から、陰宅(墓)、陽宅(住宅)まで、幅広く応用されました。 近代以降、邪教迷信の類として排斥された風水が、20世紀後半から復活し、今また光が当てられています。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2019/01/holy160.html


●聖地学講座第159回「生活のコスモロジーと聖地」
 聖地は、「場所」と密接に結びついています。そして、人とも深く結びついています。人が「聖地」として認識するからこそ、 聖地は聖地たりうるともいえます。翻って考えれば、人が特定の場を「聖地」と認識するバックボーンがあれば、そこが聖地となるわけです。 家相や陽宅風水というのは、いわば住まいを聖地として認識するための物語を構成するためのツールと言えます。今回は、そんなことを踏まえながら、 あらためて聖地の成り立ちについて考えてみました。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2019/01/holy159.html


●聖地学講座第158回「大嘗祭の意味」
 今年は今上天皇が譲位し、皇太子が新たな天皇となります。その新天皇が行うもっとも重要な儀式に位置づけられているのが「践祚大嘗祭」です。 収穫祭である「新嘗祭(大嘗祭)」は、毎年11月(本来は旧暦11月の冬至前後)に行われますが、今年はこの儀式において、天皇霊が新天皇に 宿るとい う特殊神事が行われます。その「践祚大嘗祭」の歴史的背景と意味について考察しました。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2019/01/holy158.html


●聖地学講座第157回「スサノオの原郷」
 記紀神話では、高天原で乱暴狼藉をはたらいて根の国へ追放されたスサノオ。ところが他の神話では、スサノオは荒ぶる神どころか、柔和で、多 くの恵みをもたらします。さらには、出雲がスサノオの原郷であるという定説は、詳細に検証していくと怪しくなってくるのです。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2019/01/holy157.html


●聖地学講座第156回「夫婦神の起源」
 日本神話が、様々な地方の神話の寄せ集めであることは知られていますが、そのモチーフの多くは、日本だけでなく、中国大陸やポリネシアと共 通しています。日本は、じつは太古から、世界に開け、様々な文化や信仰を受け入れてきたのです。
 日本神話のはじまりを飾るイザナギ・イザナミは、いったいどこから来たのでしょう?
https://obtweb.typepad.jp/obt/2018/12/holy156.html


●聖地学講座第155回「不思議な体験と虫の知らせ?」
 今回は、私が体験したことを中心に書きました。
 311東日本大震災のとき、私は予兆とも呼べるような体験をしました。また、先月は、虫の知らせとも呼べるようなものと奇妙な偶然の重なり を経験しました。
 私は、実証主義者を自認しているので、安易なスピリチュアリズムは信じませんが、それでも、不思議なことが身に起こることはあるのです。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2018/12/holy155.html


●聖地学講座第154回「『鹿島神宮』の謎」
kashima
先日の「世界ふしぎ発見!」でもご紹介した鹿島神宮。
一般的には国譲り神話に登場する武甕槌(タケミカヅチ)を祭神とする東国でも最重要とされた神社とされます。
しかし、その歴史をさかのぼっていくと、太古の磐座や太陽信仰から、蝦夷が崇めた狩猟採集の神、さらに出雲の神も習合した東国と大和朝廷 勢力の接点ならではの特徴が見えてきます。
鹿島神宮は、今までも何度も紹介してきましたが、今回はまったく異なる観点から通観してみました。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2018/11/holy154.html


●聖地学講座第153回「海と聖地」
sea
来迎神、まれびと、海人族、そして南の島から流れ来た椰子の実。海は、様々なものを運んできました。
人は、海と向かい合うと、その彼方にある世界を想像します。その時、人の心には、未知への憧憬とともに、源郷への微かな郷愁が響いている のかもしれません。
「産土」という言葉がありますが、これは、新たな生命を迎える産屋に敷き詰められた白砂を指したものでした。
海と人を繋ぐ聖地の意味と役割について考察しています。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2018/11/holy153.html


●聖地学講座第152回「東京スカイツリーとレイライン」
sky
東京スカイツリーが「鹿島神宮ー富士山ライン」という、関東の基準レイライン上に位置していることは、開業当初から考察していましたが、 今回、あらたにTV番組の取材を機会に調べ直し、興味深い「記号」がいくつも明らかになりました。
前回の天海とも深い関わりを持つように見えるその「記号」を紹介、考察しました。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2018/10/holy152.html


●聖地学講座第151回「天海と江戸・東京の風水」
tenkai
江戸・東京は、平安京・京都とはまた違った風水設計に基づいて作られています。その基本構造を確定したのは、家康のブレーンであり、続く 秀忠、家光と徳川三代将軍に仕えた僧、南光坊天海です。
幾度か江戸・東京の風水を取り上げましたが、今回は、とくに天海という人物に焦点を当てて考察しています。
https://obtweb.typepad.jp/obt/2018/10/holy151.html


●"真北と磁北" blog記事
アウトドアでコンパスを使ったことのある人なら、普通のアナログコンパスは磁北を指し示すために、正確な方位を知るために磁気偏角を修正しな ければいけないことは知っているはずです。レイラインハンティングでも、聖地の方位基準は磁北ではなく真北なので、磁気偏角の修正が必要で す。
最近は、スマホに搭載のデジタルコンパスが手軽に使えるようになりましたが、これも、設定を「真北」とにしないと、正確な方位測定ができませ ん。
○" 真北と磁北" 
●"世界ふしぎ発見!" 「東京スカイツリー パワースポット伝説」
 ミステリーハンター坂本三佳さんと一緒に東京スカイツリーに秘められた謎を追った回のバックナンバーレポートです。
東京スカイツリーは、富士山と鹿島神宮を結ぶ関東におけるレイラインの基幹軸上に位置すると同時に、富士山と並ぶ聖山として信仰された日光と 江戸を結ぶ結界ラインの終点近くにも当たります。太古の太陽信仰を伝えるラインと、「黒衣の宰相」と呼ばれて徳川三代将軍のブレーンとして活 躍した南光坊天海が仕掛けた結界。その交点に位置する東京スカイツリーには、どんな意図が秘められているのか? 各地に散りばめられた記号を 追いながら、読み解きました。
○ 世界ふしぎ発見!"公式ページ
●YAHOOライフマガジン
「聖地セミナー」の模様を、コラムニスト&イラストレーターの辛酸なめ子さんとミュージシャンの小宮山雄飛さん のYAHOOライフマガジンの連載でご紹介いただきました。
 http://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/4044


 

Contents

meijijingu

「明治神宮と靖国神社のレイライン」
東京招魂社として建立された靖国神社は、武神の聖地を向き、さらに明治天皇を祀った明治神宮と二至のいち関係を結ぶ陰陽道的 なレイラ イン を描き出している。
**「レイラインハンター日記」**

Read More
shikoku

日本神話に登場する倭迹迹日百襲姫(ヤマトトトモモソヒメ)は箸墓に葬られているとされるが、讃岐には、大和から逃れてき てこの地 に住 み着いたという伝説が残されている。そして、そこには明確なレイラインがある。
**「四国遍路+レイライン」掲載**

Read More
zentuji

空海が生まれ育った場所として有名な香川県の善通寺は、讃岐の主要な聖地を貫くレイラインの起点となっている。夏至の日の 出と冬至 の日 の入方向を結ぶこのラインの意味するものを明らかにする。
**「四国遍路+レイライン」掲載**

Read More
secred

2012年に配信を開始したメルマガです。月二回配信で、聖地にまつわるトピックや聖地の成り立ちについての考察、聖地取 材の最 新情報などをお届けしてい ます。バックナンバーも購読できます。
**「聖地学講座」メールマガジン**

Read More
shikoku

四国は空海が開いた「四国八十八ヶ所」の巡礼が有名だが、すでに空海が修行を始めるはるか以前から聖地が拓か れていた。古代四国の聖地 を解析し、空海を生み出した聖地性を浮き彫りにする。
**連載中**

Read More
izu

伊豆には、「来宮」「三嶋」「伊豆山」という3つの信仰形態があり、それが密接に関係し、伊豆独特の聖地の雰囲気を生み出 してい る。そ して、「伊豆辺路」と呼ばれる古代の巡礼路が存在する。
**連載中**

Read More
ueda

ヤマトタケル開湯と伝えられる別所温泉は、温泉が湧き出す中心部へ向けて夏至の朝日が導きこまれるように聖地 が配置されている。真田氏 や武田信玄も愛した温泉はまさにパワーチャージの聖地。
**別所温泉観光協会ページ**

Read More
iwaki

2015年から調査に入り、現地の若者たちが中心になって故郷の聖地調査を行う『いわきレイライン調査隊』の FBページ。二至二分など の決定的瞬間を記録した写真やワークショップツアーのレポートを随時掲載中。
**いわきレイライン調査隊**

Read More