Information

●"世界ふしぎ発見!" 11月10日21時放送
 「東京スカイツリー パワースポット伝説」
 ミステリーハンター坂本三佳さんと一緒に、不肖私レイラインハンターが東京スカイツリーに秘められた謎を追います。
東京スカイツリーは、富士山と鹿島神宮を結ぶ関東におけるレイラインの基幹軸上に位置すると同時に、富士山と並ぶ聖山として信仰された日光と 江戸を結ぶ結界ラインの終点近くにも当たります。太古の太陽信仰を伝えるラインと、「黒衣の宰相」と呼ばれて徳川三代将軍のブレーンとして活 躍した南光坊天海が仕掛けた結界。その交点に位置する東京スカイツリーには、どんな意図が秘められているのか? 各地に散りばめられた記号を 追いながら、読み解いていきます。
ぜひ、御覧ください!!
○ 世界ふしぎ発見!"公式ページ
●レイライントークサロン vol.7 11月19日
 「天海と江戸=東京の結界」
螺旋を描く江戸城のお堀、比叡山と琵琶湖を模した不忍池と寛永寺、江戸城の周囲に散りばめられた平将門の体のパーツを祀った神社、江戸の街を 囲むように配置された五色不動。そして、家康を神として祀り上げ、江戸の守護神とした日光東照宮。それらを仕掛けたのは、南光坊天海という天 台宗の高僧でした。
仏教、陰陽道、道教、神道を横断する緻密なノウハウに絶大な法力を身につけていたといわれる天海は、家康、秀忠、家光という三代将軍のブレー ンとして辣腕を発揮しました。
108歳まで生き、「黒衣の宰相」と呼ばれた天海の人生は謎に包まれています。
その天海の人生と事跡を追いながら、今でも息ずく、古代から続くレイラインや結界、風水でいう龍脈などの具体例を交えて、「見えない力」につ いて考えてみたいと思います。
私がガイド役をつとめる、11月10日放送の「世界ふしぎ発見!」の拡大補足版ともなります。ぜひ、放送もご視聴の上、ご参加ください!
○概要
・日時 : 11月19日(月) 19時~21時 (受付:18時半~)
・場所 :モリモトハウス / 日本橋人形町2-13-11
 水天宮前駅・人形町駅より共に徒歩1分 
 https://www.mapion.co.jp/f/cocodene/view.html?token=5ca75c7c7b5338cc8ac3456992d610c1
・参加費 : 3,000円
 (おつまみ・お飲み等、各自ご自由お持ちください)
・申し込み:必ず下記の「調整さん」よりお願いします。
 https://chouseisan.com/s?h=7e169deccc134fa1a53f20315c1958f0
*定員20名
*定員になり次第締め切らせて頂きます。お早めにお申し込みください。
 *キャンセル等、前日までにお知らせください。
・問い合わせ:090(8803)1240/那須まで


●朝日カルチャーセンター湘南教室  12月15日
「聖地を巡る・考える~出雲大社~」
https://www.asahiculture.jp/shonan/course/a19fe6df-757b-261d-f1b9-5b58168dd0ab
出雲とは何でしょう。縁結びの神「大国主命」の鎮座地? ヤマトに破れた古い民族の故地? そんな単純な見方だけでは片付けられない複雑な背 景が、出雲とそこを根拠地とした出雲族にはあります。出雲大社の構造や他の寺社とのネットワークを糸口にして、ヤマトや伊勢、中央構造線に 沿って残る出雲の痕跡などから、日本の信仰史の底流を流れる出雲の信仰を考察してみたいと思います。


●朝日カルチャーセンター湘南教室  12月15日
「聖地を巡る・考える~諏訪大社~」

https://www.asahiculture.jp/shonan/course/a1a575e2-3987-c0a3-9026-5b581fcb7cd2
諏訪大社も出雲と同様、国譲り神話にゆかりの神社です。しかし、単純に出雲の神である諏訪神が鎮座しているわけではなく、先行するモレヤ神 や、原始の信仰を受け継ぐミシャグチ神といった神々が錯綜しています。さらには、生き神である大祝と、それを補佐する神長官守矢氏の主従が実 ははっきりしなかったり、御柱祭や御頭祭といった奇祭が伝わるなど、独特の個性を持っています。出雲から引き続き、諏訪の信仰の体系を紐解 き、縄文の信仰世界まで辿っていきます。


●"真北と磁北" blog記事
アウトドアでコンパスを使ったことのある人なら、普通のアナログコンパスは磁北を指し示すために、正確な方位を知るために磁気偏角を修正しな ければいけないことは知っているはずです。レイラインハンティングでも、聖地の方位基準は磁北ではなく真北なので、磁気偏角の修正が必要で す。
最近は、スマホに搭載のデジタルコンパスが手軽に使えるようになりましたが、これも、設定を「真北」とにしないと、正確な方位測定ができませ ん。
○" 真北と磁北"
●"明治神宮と靖国神社のレイライン" blog記事
明治神宮は富士山と鹿島神宮を結ぶレイライン上にあります。正確にいうと、原宿門がぴったりとライン上にあり、表参道は原宿門から見ると、冬 至の日出の方向に真っ直ぐ伸びているのがわかります。さらに、検証していくと、都内にはレイラインがいくつもあることがわかります。靖国神社 もその例に漏れず、二至を指し示しているのです。
○" 明治神宮と靖国神社のレイライン" 
●YAHOOライフマガジン
「聖地セミナー」の模様を、コラムニスト&イラストレーターの辛酸なめ子さんとミュージシャンの小宮山雄飛さん のYAHOOライフマガジンの連載でご紹介いただきました。
 http://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/4044



 

Contents

meijijingu

「明治神宮と靖国神社のレイライン」
東京招魂社として建立された靖国神社は、武神の聖地を向き、さらに明治天皇を祀った明治神宮と二至のいち関係を結ぶ陰陽道的 なレイラ イン を描き出している。
**「レイラインハンター日記」**

Read More
shikoku

日本神話に登場する倭迹迹日百襲姫(ヤマトトトモモソヒメ)は箸墓に葬られているとされるが、讃岐には、大和から逃れてき てこの地 に住 み着いたという伝説が残されている。そして、そこには明確なレイラインがある。
**「四国遍路+レイライン」掲載**

Read More
zentuji

空海が生まれ育った場所として有名な香川県の善通寺は、讃岐の主要な聖地を貫くレイラインの起点となっている。夏至の日の 出と冬至 の日 の入方向を結ぶこのラインの意味するものを明らかにする。
**「四国遍路+レイライン」掲載**

Read More
secred

2012年に配信を開始したメルマガです。月二回配信で、聖地にまつわるトピックや聖地の成り立ちについての考察、聖地取 材の最 新情報などをお届けしてい ます。バックナンバーも購読できます。
**「聖地学講座」メールマガジン**

Read More
shikoku

四国は空海が開いた「四国八十八ヶ所」の巡礼が有名だが、すでに空海が修行を始めるはるか以前から聖地が拓か れていた。古代四国の聖地 を解析し、空海を生み出した聖地性を浮き彫りにする。
**連載中**

Read More
izu

伊豆には、「来宮」「三嶋」「伊豆山」という3つの信仰形態があり、それが密接に関係し、伊豆独特の聖地の雰囲気を生み出 してい る。そ して、「伊豆辺路」と呼ばれる古代の巡礼路が存在する。
**連載中**

Read More
ueda

ヤマトタケル開湯と伝えられる別所温泉は、温泉が湧き出す中心部へ向けて夏至の朝日が導きこまれるように聖地 が配置されている。真田氏 や武田信玄も愛した温泉はまさにパワーチャージの聖地。
**別所温泉観光協会ページ**

Read More
iwaki

2015年から調査に入り、現地の若者たちが中心になって故郷の聖地調査を行う『いわきレイライン調査隊』の FBページ。二至二分など の決定的瞬間を記録した写真やワークショップツアーのレポートを随時掲載中。
**いわきレイライン調査隊**

Read More